Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

ドイツのフットケアを日本に合わせてアレンジした「JPポドロジー」。その技術をお伝えしている【足の学校】のスタッフkeiが、スクールに限らずあれやこれやを(ゆるりと)発信しています♪

older | 1 | 2 | 3 | (Page 4)

    0 0

    こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。

     

     

    爪の溝の魚の目で痛みがでるお客様は少なくありません。

    ほとんどの方が「巻き爪が痛くて。。」とご来店されます。

     

    先日のお客様も大きくて硬い魚の目が爪の溝からでてきました。

    カットラインを少し変え、角化部分を除去しやすくし、マシンで可能な限り除去していきます。

     

    1時間のお手入れ後にはすっかり笑顔に♪

    ホームケアとして「爪まわりへのクリーム保湿」をお願いして終了。

    ひと月後にまた見せてくださいませウインク

     

    kei


    0 0

    144Hzの高速リフレッシュレート対応!27型湾曲パネル採用ゲーミングモニター

    0 0
  • 05/09/17--16:00: 外国の香り
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。

     

    オランダ船籍「ホーランド・アメリカ・ライン」フォーレンダム号

     

    keiは昔、旅行会社に勤務しておりました。

    その時の同期がクルーズ乗船し大阪校に寄港する、、ということで仕事後に会いに♪

     

    「税関の関係で入れるかわからないけど~」と言われ期待せずに向かいましたが、しっかり乗船。首が疲れるくらいあちこちキョロキョロと、すっかりおのぼりさんと化し興奮しまくりでした。

     

    そして限られた時間でしたが、ちょっぴり乾杯。

    景色の良い展望ラウンジで遅い時間の“ハッピーアワー”を満喫させていただきました。

     

    なんでしょうね。

    海外旅行は空港に降り立った時の「香り」で始まり、心地よい記憶に刻み込まれています。ホテル、レストラン、本屋さんだって『海外』独特の香りがありますね。 建築資材の匂いなのでしょうか。

     

    あ~、、海外に来たなあ。。 

    そんな優雅でリッチな気分にさせてくれたひととき。

    友に感謝です照れ

     

    kei

     

     

     


    0 0

    身近な人の様子がいつもと違うと感じたら・・・勇気をだして声をかけてみませんか?

    0 0

    こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。

     

     

    爪のリフトアップを半年ほど続け、巻き爪の状態は改善された

    女性のお客様でした。

    「爪の横が硬くなって痛いのよ~」と、久しぶりのご来店。

     

    爪の横の溝は外側にかけて確かに角化していますが

    痛みを出すほどではなさそうです。

     

    早速専用道具で溝の奥、爪の真下付近を触ります。が、、

    大きな引っ掛かりはなく割とスムーズ。

    でも痛い、、

     

    こんな時は道具を握る手先の感覚が頼り。

    溝のお掃除では、通常爪の裏側のゴミや角質をすくいとるように

    力加減は上向き(皮膚に押し付けると痛いですから)ですが、

    お断りしてちょっぴり下向きに、爪下の肌をなぞります。

     

    ほっ。 よかった。感じられた。。

    角化した皮膚は硬い“ハリ”があります。

    ふっくら、、ではないんですね。

    だから道具がつるりと滑るんです。

    そして真ん中あたりのわずかな引っ掛かり。 

    魚、発見! 上の写真はほじほじして表に引っ張り出したところです。

    痛みの中心はここ!と確認も取れ、早速除去♪

     

    お帰りにはすっきり笑顔に。

    この笑顔を拝見する瞬間が嬉しいんだな、、と私もニタニタ。

     

    次はそこに加圧しない方法を考えましょうね♪ウインク

     

    kei


    0 0

    こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。

     

     

    踏ん張ると痛そうですね。。

     

    前足部(ゆびの付け根の足裏側)には3か所のタコがありました。

    どれも年季が入ってプレスされており、拇趾の付け根は炎症で白く変色しています。

     

    皮膚をふやかしマシンで削り、仕上げは2wayレデューサーで細かく整えます。このひと手間はリバンドの程度を左右するので大切ですね。

     

    でも、リバンドの最も大きな原因は別にもありそうです。

    「ゆび」を拝見すると、曲がったり反ったりして。。これでは力も入りにくいですね。

     

    ゆびを動かしやすいように関節や筋肉を緩め、弱くなった部分を鍛えること。

    足環境の「靴」や「室内履き」を工夫して正しい足型を支えること。

     

    JPポドロジーは削るだけではない、「トラブルを繰り返さない足づくり」=身体の健康と考えます。

     

    痛いタコや魚の目とはやくおさらばしましょうね♪口笛

     

    kei


    0 0

    こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。

     

     

    「こんにちは」

    挨拶の基本です。

    でも、見ず知らずのマンション住人同士だとためらってしまう人もいるのではないでしょうか。

     

    でも、ここ大阪はちょっと違うようです。

     

    オフ日の先日、向こうから来る自転車と私の自転車が鉢合わせ。

    避ける方に相手も避ける、、歩いていてもあるあるのパターンです。

     

    もうぶつかる!という間合い。

    「あ」とか、「も(う)!」「ちぇっ」でなく。。

     

    『うひょ~!!!』

     

    そう叫んだ若者はえいやっとかわして去っていきました。。

     

    「うひょう~!」って何よ。。。と私。

    笑っちゃった。

    いいなあ 大阪。チュー

     

     

     

     

     


    0 0

    こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。

     

     

    大きい。。

    かなりの大きさの魚の目です。。

    不謹慎ですが、心躍ります。。。

     

    お痛みをかばうばかりに甲やら別のところにも痛みが出てきたと

    苦し気な表情のお客様を前に、私はゴクリと唾を飲みました。

     

    「慢心注意。慎重かつ迅速的確に。そして痛みは大方取り除く。」

    はやる気持ちを落ち着かせるように自分に言い聞かせながら

    道具を選びます。

     

    ピンセットニッパーで盛り上がりをカット、

    機械で粗削り→ピンポイント削り→付近の仕上げ削り

     

    痛みの余韻を少しでも減らすには、魚の目の周りにある

    通称「土手」(核の周りの角化部分です)をどれだけ除去できるか、

    にかかっています。

     

    お客様に感触を確認しながら今日はここまで。

     

     

    お帰りの足取りは軽く、苦しそうだったお顔もすっかり笑顔に!

    お役に立てて嬉しいです。

    1か月後にまた見させてください。ニコニコ

     

    kei

     

     


    0 0

    こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。

     

     

    「丁寧にしていただいてありがとう」

     

    お客様からお声をかけていただけることがあります。

    自慢ではなく、このお声がけ、少し戸惑いがあるのです。

     

    “お客様のおみ足を物のように扱わない”

    インストラクター科を受講していたころの実技練習で耳が痛い指摘を受けたことがあります。

    施術しがいのある「タコ・魚の目」「巻き爪」と対峙するとき、

    時間が押してゆとりがなくなったとき、

    どうも私は「地」のいい加減さと自己中心さが出てしまいます。

    それは自分では気づきにくくて、受け手の相手にはすぐに伝わる「魔」の落とし穴。

     

    以来、コンプレックスのひとつとして心の中でくすぶっていましたから、ここ最近このような嬉しいお言葉をいただけるようになっても素直に喜べず戸惑っていました。

     

    でもやっと(少し)気づけたように思います。

     

    「想い」がどこにあるのか。

    立ち位置ともいえるでしょうか。

    自分にあるのか、相手(お客様)にあるのか。

     

    上手にやりたい、ではなく、どう感じてらっしゃるのか。

     

    少しは成長したのかなあ。。そんなくすぐったい思いと、いやいや油断したらまた落とし穴だ、、と戒めの思い。

     

    ゴール無き、日々鍛錬ですね。チュー

     

    kei

     


    0 0

    被害者にも加害者にもならないためにはどうすればいいか、事故原因と対策を詳しく解説

    0 0

    こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。

     

     

    「調香師をめざしているんです」

     

    東京へ足しげく聴講に通われ、費用を稼ぐためにダブルワークとして始めたお仕事。では本業は??と聞くと先のように教えてくださいました。

     

    香水の香りをブレンドする仕事、、、そんなアバウトな知識しかありませんでしたが、伺うともっと奥の深いもののようです。

     

    「どういう自分になりたいか、その方の求めている自分を表現するお手伝いを香りでおすすめするんです。求める姿がはっきりしたら、あとは香りのもととなる植物が教えてくれます。」

     

    植物が教えてくれる。 素晴らしいですね。

    香りは気持ちを高めてくれますし、気持ちが変われば行動も変わります。そして習慣が変わり人生が変わる。のでしょうか♪

     

    「楽しくって仕方がない」と、慣れない仕事を笑顔でこなすその女性は、とびっきり輝いて見えました。照れ

     

    kei

     

     


    0 0
  • 05/25/17--16:00: 第一印象
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。

     

     

    人の第一印象はどこから受けますか。

    顔?服装? 話し方や雰囲気ですか?

     

    メラビアンの法則によると、人の印象は内容よりも見た目が大きな比重を占めるそうですね。

    1番目:見た目や態度 (約5割)

    2番目:声のトーンや話し方 (約4割)

     

    もちろん付き合っていくうちにその人の良さがわかってくるというのは素敵なことです。でも、お仕事でもプライベートで初めてご挨拶するときにはそんなゆとりはありませんし、街ですれ違う見知らぬ方への「いいな、素敵だな」という印象や、逆に「う~ん、、」の場合も含め、どのように相手に映るかということは、身だしなみの考え方のひとつかもしれません。 (気にしすぎてもどうかと思いますが。。)

     

    髪のセットやお化粧、お肌の身だしなみも綺麗に、服装も清潔感にあふれている皆さま。爪はどうですか? なるほど、ネイルで綺麗にされているのですね。

     

    では、足のゆびは?

    入浴時にしっかり指の間まで洗ってますか?

    爪まわりにも保湿をしていますか。爪が乾燥して変色したり凸凹していないでしょうか。

     

    これからは足先が露出する季節ですね。

    毎年この時期はフットケア需要がピークを迎えますが、手入れの行き届いた足の指先からは、その方の価値観や美意識、そして心のゆとりが感じられとても好印象に思います。

    もちろん、健康な足だからこその美しさ。美と健康は共にリンクしますからね。

     

    まぶしい新緑のこの季節、露出するまえに足をさわってみてください。もちろん自分のためだけに十分な時間を取れない方々も多いことでしょう。まずは少しずつ。できることから。

    いつくしんで少しのお手入れから始めませんか♪ニコニコ

     

    kei

     


    0 0
  • 05/28/17--16:00: エチケット 
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。

     

     

    今の世の中、「匂い」を消し「香り」を振りまくことにとても敏感ではないでしょうか。

     

    香水はもとより、身体を洗うソープやシャンプー・歯磨き粉から洗濯洗剤や柔軟剤、ルームフレグランスなど、「匂いは悪」のような怒涛の香りの攻勢です。一歩外にでるまでにいったいどれだけの香りを私たちは身にまとうのでしょうね。。 ブレンドされて酔ってしまいそうです。

     

    確かに、あまりにも体臭が匂ってもエチケットに欠けますし人と接する際のマナーとして最低限の清潔感は必要だと思います。癒しの手段としての楽しみ方もありますしね。

     

    そんな私も加齢臭には気を配ります。頭皮や耳の裏はもちろんですが、「バスマットと足裏の匂い」も要注意ですね。

    皆さんは足裏や趾のあいだをしっかり洗っていますか?

    シャワーでチャチャっと終わらせるとき足裏に触ることさえしない、、なんてことはありませんか?

     

    古い角質は老廃物。垢です。

    身体の皮膚の中で最も厚い足裏。角質もたっぷり!

    匂いのもとにもなりますし、水虫などの菌の繁殖にもつながります。

    エチケットは足元から♪ さあ、はじめましょう!

    足裏やゆびまわりのお手入れスタート~!ウインク

     

    kei


older | 1 | 2 | 3 | (Page 4)